メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

2018年問題/3 「無期転換」目前 雇い止めも

国立研究開発法人「理化学研究所」の有期職員の女性2人は「契約期間満了のお知らせ」と書かれた用紙で、3月末での満了を告げられた=2日、西田真季子撮影(画像の一部を加工しています)

 <くらしナビ ライフスタイル>

 非正規で働く人の雇用ルールが大きく変わる「2018年問題」。有期雇用契約が5年を超えると、無期契約への切り替えを申し込める「無期転換ルール」の対象となる労働者の反応はさまざまだ。転換権を得る目前の3月末で契約更新ができない「雇い止め」も起こっている。

 無期契約への転換を想定している有期契約の人たちはどう思っているのか。明治安田生命保険の久磨美月(くまみつき)さん(34)は昨年10月から有期契約社員として本社人事部で働いている。午前9時から午後5時までのフルタイム勤務だ。

 明治安田は既に2015年4月に契約社員制度を改正、安心して長く働けるよう無期契約社員という雇用形態…

この記事は有料記事です。

残り2205文字(全文2509文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 葉山3人死傷ひき逃げ 懲役11年判決…横浜地裁
  3. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
  4. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
  5. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]