梅花祭

梅3分咲き、香りほのか 京都・北野天満宮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
梅花祭の野だて茶会で参拝者をもてなす舞妓ら=京都市上京区の北野天満宮で2018年2月25日、加古信志撮影
梅花祭の野だて茶会で参拝者をもてなす舞妓ら=京都市上京区の北野天満宮で2018年2月25日、加古信志撮影

 学問の神様、菅原道真(みちざね)を祭る北野天満宮(京都市上京区)で25日、「梅花祭」が開かれた。花街・上七軒の芸舞妓(げいまいこ)らによる野だて茶会などがあり、参拝者は3分咲きの紅白の花を観賞し、ほのかな甘い香りを楽しんだ。

 梅を愛した道真の命日に営まれる祭り。神前には紅白の梅の小枝を挿した「紙立…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文268文字)

あわせて読みたい

注目の特集