瀬戸内海

春を告げるイカナゴのシンコ漁が解禁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
漁が解禁され、水揚げされたイカナゴのシンコ=兵庫県明石市の林崎漁港で2018年2月26日午前8時5分、川平愛撮影
漁が解禁され、水揚げされたイカナゴのシンコ=兵庫県明石市の林崎漁港で2018年2月26日午前8時5分、川平愛撮影

 瀬戸内海に春を告げるイカナゴのシンコ(稚魚)漁が26日、大阪湾と播磨灘で解禁された。昨年、一昨年は遅めの解禁(3月7日)だったが、今年は産卵が早く、例年並みの時期に戻った。体長3~5センチほどのシンコは、甘辛く炊く「くぎ煮」として親しまれている。

 兵庫県明石市の林崎漁協では、早朝から出漁していた漁…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

あわせて読みたい

注目の特集