メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国宝

1.3m重さ62キロ 犬山城に新しいしゃちほこ

国宝犬山城に新しく取り付けられるしゃちほこを見守る成瀬淳子理事長(右)=愛知県犬山市で2018年2月26日午前8時9分、木葉健二撮影

17年7月に落雷で壊れる 犬山市は1000万円で修復作業

 昨年7月に落雷で壊れ、新しく作り直された国宝・犬山城(愛知県犬山市)のしゃちほこが26日、天守最上部に取り付けられた。南北2体の「天守の守り神」が約7カ月ぶりにそろった。つり上げから設置まで作業は約8時間かかり、観光客らが珍しそうに見守った。

 昨年7月12日の落雷で、2体のうち天守北側のしゃちほこがほぼ全壊し、姫路城などの修理を手掛けた山本瓦工業(奈良県生駒市)が市の依頼で新調した。瓦製で高さ約1.3メートル、重…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです