メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JICA

東京パラへ地雷被害者 コロンビアに派遣の邦人

ボランティア、障害者スポーツの振興に力を入れて

 武力紛争や地雷で障害を負った人たちを2020年東京パラリンピックに--。国際協力機構(JICA)は、内戦で多くの死傷者を出した南米コロンビアに日本人ボランティアを派遣し、障害者スポーツの振興に力を入れている。復興に欠かせない地雷除去も支援している。1月中旬、日本からの現地視察団に同行取材した。【関谷俊介】

 首都ボゴタ市にある軍のリハビリ施設。1年半前に開設され、負傷した兵士や警察官ら約600人が社会復帰…

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1295文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです