メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#保育園に入りたい!

天野代表「待機児童解消が先決だ」

「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」が会見

 ツイッター上の「#保育園に入りたい!」を使った活動で知られる子育て当事者グループの「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」が26日、東京都内で記者会見し、天野妙代表が「幼児教育無償化より、待機児童解消が先決だ」と訴えた。

     会は2017年衆院選で無償化が争点となったことを受け、ツイッター上でアンケートを実施。77%が「無償化より待機児童解消を優先すべきだ」と回答した。「政策には段階がある。無償化は今やるべき施策ではない」とした。

     また会は独自に17年4月時点の潜在的な待機児童数を試算。未就学児で保育所や幼稚園に入っていない児童数から、1世帯あたりの未就学児数や働きたい母親の割合などを掛け合わせ、約56万人と推計した。政府は20年度の待機児童解消へ向け32万人分の保育施設整備を目標に掲げるが、天野代表は「民間シンクタンクによる88万人という推計もある。目標値と計画を見直すべきだ」と提言した。【中川聡子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
    2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
    3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
    4. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴
    5. 時の足音 オウム処刑と天皇制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]