絶滅危惧種

ケナガネズミをネコが捕食 カメラ捉える

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
絶滅危惧種のケナガネズミ=鹿児島県の奄美大島南東部で2013年11月26日、津島史人撮影
絶滅危惧種のケナガネズミ=鹿児島県の奄美大島南東部で2013年11月26日、津島史人撮影

 徳之島北部の鹿児島県天城町で、国の天然記念物で絶滅危惧種に指定されているケナガネズミを猫が捕食する様子を捉えた映像が、町設置の自動撮影カメラで撮影された。環境省によると、ケナガネズミが捕食される映像の撮影は初めて。島では希少な生物がノネコ(野生化した猫)に襲われるケースが問題になっており、環境省などは捕獲わなの増設など対策を強化していく。【神田和明】

 町によると、町が当部(とうべ)集落はずれに設置しているアマミノクロウサギ観察小屋近くで、19日午前4時37分ごろに撮影された。猫がケナガネズミに襲いかかり、口にくわえて立ち去るまでが映っていた。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文538文字)

あわせて読みたい

注目の特集