メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国共産党

国家主席任期「撤廃」 改憲案、習氏続投も

 【北京・河津啓介】中国共産党中央委員会は25日、憲法で2期10年までと定められている国家主席の任期を事実上撤廃する憲法改正案を発表した。来月5日に開会する全国人民代表大会(国会に相当)で可決される見通し。2013年に就任した習近平国家主席(64)が任期切れを迎える23年以降も主席にとどまり、終身で務めることも可能になる。

 憲法改正は04年以来。改正案によると、国家主席と副主席の任期について2期(1期5年)までと定められている規定を削除する。また、昨年10月の中国共産党大会で党規約に盛り込まれた習氏の指導理念を憲法にも盛り込み、習氏に集中した権力を固める内容になっている。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  2. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  3. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 新型コロナ 佐野の30代男性が感染 /栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです