メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立大入試

手厚いチェック体制へ動き広がる 出題ミスで

 大阪大と京都大の昨年の入試で合否判定に影響する出題ミスが見つかり、今年に入って追加合格者を出す事態が相次いだことを受け、チェック体制を手厚くする動きが各大学の間に広がっている。

 阪大は問題を点検する教員を急きょ増やし、試験実施後に学生に解いてもらって意見を聞くことにした。また、解答例を3月中にホームページで公表し、外部からも…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです