メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立大入試

手厚いチェック体制へ動き広がる 出題ミスで

 大阪大と京都大の昨年の入試で合否判定に影響する出題ミスが見つかり、今年に入って追加合格者を出す事態が相次いだことを受け、チェック体制を手厚くする動きが各大学の間に広がっている。

 阪大は問題を点検する教員を急きょ増やし、試験実施後に学生に解いてもらって意見を聞くことにした。また、解答例を3月中にホームページで公表し、外部からも…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです