メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

閉会式はじまる 日本は冬季最多のメダル13個

 韓国で初の冬季五輪となる第23回平昌大会は25日夜、平昌オリンピックスタジアムで閉会式を行った。9日から17日間、史上最大規模の7競技102種目に92カ国・地域などから2900人を超える選手が参加し、熱戦を繰り広げた。

 日本選手団旗手は、主将でスピードスケート女子500メートルで金、同1000メートルで銀を獲得した小平奈緒(相沢病院)が務めた。また、フィギュアスケート男子の金メダリスト羽生結弦をはじめ、同じく女子4位の宮原知子、銅メダルのカーリング女子、アイスホッケー女子チームらも参加した。

 日本のメダルは冬季では過去最多だった1998年長野五輪の10個(金5、銀1、銅4)を上回る13個(…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです