メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

閉会式はじまる 日本は冬季最多のメダル13個

 韓国で初の冬季五輪となる第23回平昌大会は25日夜、平昌オリンピックスタジアムで閉会式を行った。9日から17日間、史上最大規模の7競技102種目に92カ国・地域などから2900人を超える選手が参加し、熱戦を繰り広げた。

 日本選手団旗手は、主将でスピードスケート女子500メートルで金、同1000メートルで銀を獲得した小平奈緒(相沢病院)が務めた。また、フィギュアスケート男子の金メダリスト羽生結弦をはじめ、同じく女子4位の宮原知子、銅メダルのカーリング女子、アイスホッケー女子チームらも参加した。

 日本のメダルは冬季では過去最多だった1998年長野五輪の10個(金5、銀1、銅4)を上回る13個(金4、銀5、銅4)を獲得し、国別のメダルランキングでは11位に入った。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです