メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

思い立ったら女子ひとり旅 ちょっと違った自分になれる 気楽さ魅力、旅行会社も熱視線

トルコ・イスタンブールのグランドバザールをめぐる真鍋かをりさん=2011年、ノースプロダクション提供

 女性の一人旅がはやっている。世界各地に一人で出かけ、自由な旅を満喫する女性が増えている。しかも寂しいイメージは全くない。彼女たちを旅に駆り立てるものは何なのか。ブームの“火付け人”や旅の達人らに聞いた。【鈴木美穂】

 「旅は特別なことではなく、日常の延長。ご飯は何を食べる? 買い物はどこで? 普段の生活と何ら変わりません。女性一人でできないことはありませんよ」。元SPUR編集長で集英社コミュニケーション・デザイン室長の福井由美子さんは力説する。一人旅歴25年、海外一人旅400回超の「稀代(きだい)の旅バカ」(本人著作から)だという。

 旅好きが高じ2016年末、自身の体験を指南本「今日も世界のどこかでひとりっぷ」として刊行した。発行…

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2470文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです