メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

思い立ったら女子ひとり旅 ちょっと違った自分になれる 気楽さ魅力、旅行会社も熱視線

トルコ・イスタンブールのグランドバザールをめぐる真鍋かをりさん=2011年、ノースプロダクション提供

 女性の一人旅がはやっている。世界各地に一人で出かけ、自由な旅を満喫する女性が増えている。しかも寂しいイメージは全くない。彼女たちを旅に駆り立てるものは何なのか。ブームの“火付け人”や旅の達人らに聞いた。【鈴木美穂】

 「旅は特別なことではなく、日常の延長。ご飯は何を食べる? 買い物はどこで? 普段の生活と何ら変わりません。女性一人でできないことはありませんよ」。元SPUR編集長で集英社コミュニケーション・デザイン室長の福井由美子さんは力説する。一人旅歴25年、海外一人旅400回超の「稀代(きだい)の旅バカ」(本人著作から)だという。

 旅好きが高じ2016年末、自身の体験を指南本「今日も世界のどこかでひとりっぷ」として刊行した。発行…

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2470文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです