メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 世の中「ヤブ医者」も居れば「名医」も居る。

 一昨年6月、肺がんの手術を受けた。胸腔(きょうくう)鏡を使って、開胸せずに行う鏡視下手術。視野が狭く、限られた空間で、精密に縫い合わせ(縫合)、血管を糸で結んだり縛ったり(結紮(けっさつ))……。結構、これが難しい。外科医の経験によって「大きな差」が出る。

 幸い、僕の場合、これまで執刀した手術が5000例の名医にやってもらった。外科手術では「経験」が名医の条件である。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです