メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

イスラムの多様性知って ハラール認証、見直すなら今 後藤東大准教授、チョコ包装で問題提起

ハナーンチョコレートの普及を通してハラール認証の課題について提案する、後藤絵美准さん

 東京五輪・パラリンピックを2020年に控え、イスラム圏からの訪日外国人増加も見込んでハラール認証への注目が高まっている。そんなハラール認証について一度立ち止まって考えてみることを提案するのが、東京大学が販売する「ハナーンチョコレート」だ。プロジェクトに関わる東京大学東洋文化研究所准教授の後藤絵美さんに話を聞いた。【一橋大・川平朋花】

 「ハナーン」はアラビア語で「思いやり」を意味する。ムスリム(イスラム教徒)でも安心して手に取れるよ…

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1751文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです