メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

室井照平・会津若松市長 年間観光客400万人に 多様なニーズ対応を /福島

「七日町通り」はレトロな町並みで県内外から観光客が訪れる=会津若松市で

 --依然、原発事故の風評被害が続いている。基幹産業の観光の現状は?

 まだ回復には至っていない。2007年から3年間は観光客数が年間約340万人で推移していた。10年は鶴ケ城の赤瓦ふき替え工事で前年の8割に減少したところに原発事故が追い打ちをかけ、11年は09年の7割に激減した。

 13年にNHK大河ドラマ「八重の桜」や15年の大型観光企画「ふくしまデスティネーションキャンペーン」などの取り組みで増減を繰り返しながら、16年は約294万2000人と震災前の水準に戻りつつある。

 --観光客回帰に向けどんな対策があるのか。

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです