メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

室井照平・会津若松市長 年間観光客400万人に 多様なニーズ対応を /福島

「七日町通り」はレトロな町並みで県内外から観光客が訪れる=会津若松市で

 --依然、原発事故の風評被害が続いている。基幹産業の観光の現状は?

 まだ回復には至っていない。2007年から3年間は観光客数が年間約340万人で推移していた。10年は鶴ケ城の赤瓦ふき替え工事で前年の8割に減少したところに原発事故が追い打ちをかけ、11年は09年の7割に激減した。

 13年にNHK大河ドラマ「八重の桜」や15年の大型観光企画「ふくしまデスティネーションキャンペーン」などの取り組みで増減を繰り返しながら、16年は約294万2000人と震災前の水準に戻りつつある。

 --観光客回帰に向けどんな対策があるのか。

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1367文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]