メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

室井照平・会津若松市長 年間観光客400万人に 多様なニーズ対応を /福島

「七日町通り」はレトロな町並みで県内外から観光客が訪れる=会津若松市で

 --依然、原発事故の風評被害が続いている。基幹産業の観光の現状は?

 まだ回復には至っていない。2007年から3年間は観光客数が年間約340万人で推移していた。10年は鶴ケ城の赤瓦ふき替え工事で前年の8割に減少したところに原発事故が追い打ちをかけ、11年は09年の7割に激減した。

 13年にNHK大河ドラマ「八重の桜」や15年の大型観光企画「ふくしまデスティネーションキャンペーン」などの取り組みで増減を繰り返しながら、16年は約294万2000人と震災前の水準に戻りつつある。

 --観光客回帰に向けどんな対策があるのか。

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1367文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  4. 新潮45 杉田氏擁護 差別議論せず幕 批判噴出、経営優先
  5. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです