メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

室井照平・会津若松市長 年間観光客400万人に 多様なニーズ対応を /福島

「七日町通り」はレトロな町並みで県内外から観光客が訪れる=会津若松市で

 --依然、原発事故の風評被害が続いている。基幹産業の観光の現状は?

 まだ回復には至っていない。2007年から3年間は観光客数が年間約340万人で推移していた。10年は鶴ケ城の赤瓦ふき替え工事で前年の8割に減少したところに原発事故が追い打ちをかけ、11年は09年の7割に激減した。

 13年にNHK大河ドラマ「八重の桜」や15年の大型観光企画「ふくしまデスティネーションキャンペーン」などの取り組みで増減を繰り返しながら、16年は約294万2000人と震災前の水準に戻りつつある。

 --観光客回帰に向けどんな対策があるのか。

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです