メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 いわきに双葉の「町外拠点」住宅 一部完成、入居者に鍵引き渡し /福島

新居となる勿来酒井団地の住戸縁側でくつろぐ鈴木重幸さん(右)と妻禎子さん=いわき市勿来町で

 福島第1原発事故に伴い全町避難が続く双葉町の「町外拠点」として、県がいわき市勿来町に整備を進めていた災害公営住宅「勿来酒井団地」(180戸)が一部完成し、26日に入居者への鍵引き渡し式があった。仮設住宅で窮屈な暮らしを続けてきた町民らは「ようやく手足を伸ばして風呂に入れる」などと顔をほころばせた。

 勿来酒井団地は約5万1000平方メートルの敷地に集合住宅5棟87戸、戸建ての木造住宅72戸を整備し、診療所や高齢者サポートセンターも4月に開業する予定だ。イベン…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 山下達郎さん、ライブ映像を初配信へ 「再びライブができるまで違う可能性を」

  3. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです