特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

春風吹かせ!

’18センバツ/6 選手紹介 東海大相模・2年 小松勇輝遊撃手/慶応・2年 宮尾将遊撃手 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <春風(しゅんぷう)吹かせ! 第90回記念選抜高校野球>

打率4割超、8盗塁 東海大相模・2年 小松勇輝遊撃手

小松勇輝遊撃手 拡大
小松勇輝遊撃手

 門馬敬治監督から「チームの軸」と呼ばれる一人で、秋の公式戦での打率は4割を超えた。チームトップの8盗塁を決めるなど、打撃だけでなく走攻守そろった選手だ。笑顔が絶えず、気持ちを前面に出したプレーでチームを引っ張るムードメーカーでもある。

 寮の部屋には入れ替わりチームメートが集まる。ものまねを披露して笑いを取るにぎやかな一面もあり、主将として「明るい雰囲気でみんなから意見を出しやすくしたい」。

 ただ、昨秋の関東大会の準決勝で延長の末に敗れた時は言葉少なに悔しさをにじませた。「あの負けがあって良かったと言えるように甲子園で結果を出したい」。練習から「大阪桐蔭に打ち勝て」とチームを鼓舞する。

光る好守と出塁率 慶応・2年 宮尾将遊撃手

宮尾将遊撃手  拡大
宮尾将遊撃手 

 昨秋、打率こそ3割弱と振るわなかったものの、13四死球を選んで高い出塁率を誇った。関東大会の準々決勝では同点本塁打を放つなど勝負どころで力を見せた。不安定な姿勢からでも正確な送球ができる守備には「調子の波は無い」と自信を持っている。

 生井惇己投手(2年)が「一番笑ってくれる」というほどの笑い上戸。「笑うと喜んでくれるんで」と言うように、試合中の投手に声を掛ける時はたいてい笑顔だ。「自分たちが勝つことで野球の将来を変えていけるかもしれない」。チームが掲げる楽しむスタイルを甲子園でも貫く。

 「やっと憧れてきた舞台に立てる。今できることをしっかり準備して、自分のプレーをしたい」=つづく

次に読みたい

あわせて読みたい