メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクアイグニス多気

リコーが温水供給 木質バイオマス活用 /三重

調印書を交わした(左から)アクアイグニスの立花哲也社長、久保行央・多気町長、リコーの中村昌弘・事業開発本部長=多気町相可で

 2020年春の開業を目指す多気町前村の複合リゾート施設「アクアイグニス多気」の温浴施設に、リコー(本社・東京)が木質バイオマスを活用した温湯を供給することになった。26日、町も交えて協定書を交わした。関係者によると、林業活性化と森林保全に寄与し、二酸化炭素の排出量が年間1000トン程度削減されるという。

 予定される温浴施設「薬草の湯」は木造鉄骨平屋建て約2600平方メートルで、さまざまな効能の浴槽を整…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文431文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです