特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

真剣味

センバツ三重高 選手紹介 井上美海マネジャー(1年) 選手出身だから寄り添える /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
井上美海マネジャー 拡大
井上美海マネジャー

 <第90回記念選抜高校野球>

井上美海(いのうえ・みう)マネジャー(1年)

 選手の体を冷やす氷を準備したり、来客にお茶を出したり、グラウンド内外を駆け回る。昨春入部し、約100人の部員の名前と顔を覚えることから始め、今では選手の健康状態も把握する。

 鈴鹿市に生まれ、小学生時代は兄海斗さん(18)と同じ軟式野球チームでプレーした。神戸中学校ではソフトボール部に所属し、強い足腰を生かして内野手として活躍した。3番打者を務め「バッティングは広角に飛ばすことが得意だった」。

 進路を決める中3の秋、選手としての道を突き進むか、野球部のマネジャーになり、支える側に回るか悩んだ。どうしても譲れなかった夢が甲子園。「女子は選手として行けないならマネジャーとして行く」。強豪・三重高への入学を決めた。

 選手出身だからこそ、失敗した選手のもどかしさや、成長した選手の喜びは手に取るように分かる。「甲子園を目指す選手に寄り添い、力になりたい」【森田采花】=随時掲載


座右の銘

 「がむしゃら」

 選手時代に周囲から「がむしゃらでいいね」と褒められた。以来、自分の長所だと受け止めている。

〔三重版〕

次に読みたい

あわせて読みたい