特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

白球に懸けろ!

’18センバツ大阪桐蔭 横顔/5 青地斗舞右翼手/横川凱投手 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <第90回選抜高校野球>

攻守とも安定した強さ 青地斗舞右翼手(2年)

 昨秋からの全公式試合に出場している選手としては、4割5分7厘とチーム内で最高打率を誇る。「攻守ともに安定した強さを持つ外野手」として部員からの信頼も厚い。

 学年を超えて積極的にコミュニケーションを取ることを心がけており、学校生活でも1年生と話すことが多い。「試合などいざという時に一つになるには、普段からのつながりが大事なので」と話す。

 昨年のセンバツでは、ボールボーイとしてグラウンドに立った。「選手として出場できなかった悔しさを、全てぶつけていきたい」と意気込みを語る。

 バスケットボールが得意で、体育では野球とは別の「ヒーロー」の一面を見せ、試合を盛り上げている。

長身生かし直球武器に 横川凱投手(2年)

 身長はチームで最も高い190センチ。中学1年には180センチ以上あったといい、「学校の背の順では、ずっと一番後ろだった」と振り返る。長身から振り下ろす直球や鋭いカーブが武器。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で活躍した日本人選手にあこがれて、小学3年の時に野球を始めた。小学校で所属した軟式野球チーム「JBC山東」(滋賀県)では、投手のほかに内野手も務め、「投手と内野手との守備連携の際に、当時の経験が生きている」と話す。

 名前は「戦いに勝利し、たくましくなって帰ってきてほしい」との願いを込めて名付けられた。「センバツでは、この名前を付けてくれた両親を喜ばせるプレーを見せたい」

関連記事

あわせて読みたい