特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会もライブ配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

智弁学園、紅白戦で実戦感覚磨く 気合十分、攻守に好プレー /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
紅白戦で実戦感覚を磨く智弁学園の選手たち=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影 拡大
紅白戦で実戦感覚を磨く智弁学園の選手たち=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影

 <センバツ高校野球>

 智弁学園は26日、センバツ出場が決まってから初めてとなる紅白戦を五條市の学校グラウンドで行った。選手たちは2チームに分かれ、実戦感覚を磨いた。

 小口仁太郎主将(2年)の掛け声で試合が始まると、選手たちの表情は真剣に。一塁側と三塁側それぞれのベンチに控えた選手からは「積極的に行け」「ナイスボール」などと本番さながらに大きな声が飛び交った。

 試合では、高塚勢牧選手(同)と藤村健太選手(1年)が本塁打を放ち、中堅を守っていた左向澪選手(2年)が大飛球に飛び込んで好捕するなど、どの選手も気合十分。藤村選手は「センバツでも本塁打を打ちたい」と笑顔で話していた。【佐藤英里奈】

関連記事

あわせて読みたい