メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島ほっとトーク

協力隊卒業します 呉市豊町地域おこし協力隊・宮川真伊 /広島

 地域おこし協力隊になって3年の任期が終わる。3年間、無事に活動できたのは、地域と行政と家族のサポートのおかげだ。

 活動を終える充実感と、地域に定住することの安心感、これから自活していくことへの不安と期待に加え、心には「感謝」の気持ちが残る。地域の人は「何もしていない」というが、温かく見守ってくれていたことは、言葉や態度に出なくても強く感じる。

 協力隊員が地域で役に立ちたいという思いを活動で生かすには、地域と行政の理解やサポートは必須であるし…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文498文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです