特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

選手紹介/9 明徳義塾・真鍋陸選手/高知・奥内尚野選手 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明徳義塾の真鍋陸選手=高知県須崎市浦ノ内下中山の同校グラウンドで、松原由佳撮影 拡大
明徳義塾の真鍋陸選手=高知県須崎市浦ノ内下中山の同校グラウンドで、松原由佳撮影

 <センバツ2018>

先頭で出塁狙う 明徳義塾・真鍋陸選手(2年)

 地元・香川県の野球チーム、四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズの試合を幼い頃から球場で見てきた。「自分自身も野球をやりたい」と、小学1年から野球をスタート。甲子園常連校の明徳義塾に中学から進学した。

 魅力は「積極的な打撃」だ。チームを勢いづける1番打者を務めてきた。守備では投げ方を変えたことで、課題だったスローイングが安定してきた。

 グラブには「折れない心」「全力疾走」と文字を刻み、自らを鼓舞している。「先頭で出塁したい」と思いは強い。

 175センチ、70キロ。

好機で一本狙う 高知・奥内尚野(なおや)選手(2年)

高知の奥内尚野選手=高知市で、岩間理紀撮影 拡大
高知の奥内尚野選手=高知市で、岩間理紀撮影

 重ねた努力はチームが認めている。アピールポイントは、直球に強いパンチ力。甲子園では「活躍したい。チャンスで打って、勝ちたいです」と燃える。

 「尚野」の「野」の字は「野球」から取られた。高知中時代、代打で直球をはじき返し恩師が認めた「1本」が現在のプレーにつながっており、「人に何かを言われないように。自分でできることは責任を持ってやる」。自身と向き合い、日々バットを振り抜いてきた。

 「一日一本。大事なところで打つことが目標です」

 高知中出身。166センチ、65キロ。

関連記事

あわせて読みたい