立憲民主党

地方選 公認候補、上位当選続々 来春の統一選に弾み

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党が地方議員選挙に擁立した公認候補が軒並み上位で当選している。25日投開票の東京都町田市議選(定数36)では元職・新人各1人が2位と5位で当選した。党名を前面に集票できる実績を得たことで、来年の統一地方選に向けた候補者擁立の際に、民進党や希望の党に対して優位に立ちやすくなりそうだ。

 町田市議選で立憲の2人は合わせて1万1683票を獲得。5人中4人が当選した共産党の計1万9980票には及ばないものの、1人だけ立候補した民進党公認候補(当選)の2720票を大きく上回った。18日投開票の東京都日野市議選では、新人の女性候補が4493票でトップ当選。2…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

あわせて読みたい

注目の特集