メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

大連立、協定を承認 CDU、党内引き締め図る

 【ベルリン中西啓介】ドイツのメルケル首相が党首を務める国政第1党で中道右派のキリスト教民主同盟(CDU)が26日、ベルリンで党大会を開き、中道左派の第2党・社会民主党との大連立政権継続に向けた政権協定を承認した。メルケル氏は党大会直前に公表したCDU選出の入閣予定者に難民問題で政権に批判的な保守派の若手を登用するなど、党内基盤の強化を図る姿勢を示している。

 昨秋の連邦議会(下院)総選挙でCDUは、メルケル氏の寛容な難民政策や、議論を避ける政治手法が批判さ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです