メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

改憲案 主席任期撤廃に批判 国内世論「制度化に逆行」

 【北京・河津啓介】中国国家主席の任期を事実上撤廃する方針が25日明らかになり、国内からも批判の声が上がっている。習近平国家主席の長期政権に道を開く決断に、国営メディアは「国家の指導体制を強化し、万全にする」と強調するが、個人崇拝や法治からの逆行に対する懸念は強い。

 共産党中央委員会は国家主席の任期を「2期10年まで」とする憲法条文を削除する改正案を発表。来月5日開幕する全国人民代表大…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手 首相にマサルのぬいぐるみ 官邸表敬
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  4. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです