メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タクシー業界

配車アプリ開発競争 AIも駆使 ライドシェア解禁を警戒

 タクシー業界の配車アプリの開発競争が熱を帯びている。タクシー各社は、ソニーやトヨタ自動車、米の配車大手ウーバー・テクノロジーズなどと提携。世界的に拡大する「ライドシェア(自家用車の相乗り)」を意識し、人工知能(AI)を使い効率的な配車と利用者の利便性向上を目指す方針だ。【井出晋平】

 東京のタクシー大手、チェッカーキャブなど6社とソニーは今月20日、共同で配車サービスの開発に乗り出すと発表した。ソニーのAI技術を使い、天候などさまざまな条件から利用者の需要を割り出し、タクシーの客待ち走行や利用者の待ち時間を減らせるようにするという。今年秋にはスマートフォン向けのアプリを公開する予定で、将来的には他のタクシー会社にもアプリなどのシステムを提供する計画だ。

 また、第一交通産業(北九州市)は、ソフトバンクが出資するウーバー、中国の配車大手「滴滴出行」の2社…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1694文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです