メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ドイツ連銀のユーロ圏での役割=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 米国の金利情勢に大きな変化が生じ、世界の資金の流れの変調が懸念される。しかし、こうした資金流のグローバル把握とは別の次元の金融課題も、世界中に残ったままだ。ドイツは政策意向の一貫性、また見据える金融課題において明瞭な立ち位置を示す。

 ドイツ連邦銀行は欧州中央銀行(ECB)の創設以降は、ドイツ経済の内部に視点を置きECBの政策に注文を付けてきた。債券や株式の市場での動揺が始まってもワイトマン・ドイツ連銀総裁は、9月以降のECBによる債券買い取りの大幅な縮小を唱える。毎月300億ユーロ(約4兆円)の債券買い取りは9月までは続くが、その後は、たとえ金融市場の動揺が…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです