メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

福島・富岡復興ファイト! 人気プロレスラーが支援大会 「立ち向かう姿」で古里励まし

「1、2、3、復興ダーッ!」。チャリティー大会で宮本和志さんと気勢を上げる子どもたち=福島県楢葉町大谷のSOSO.Rならはスタジアムで(宮本さん提供)

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が一部で続く福島県富岡町出身の人気プロレスラー、宮本和志さん(39)がチャリティー大会を開き、復興途上にある県沿岸部の支援活動を続けている。実家は帰還困難区域にあり、自由に出入りできない。「何度やられても立ち向かう姿を見せるのがプロレス」。復興と重ね、力強いファイトで被災者を励まし続けたいと願う。【岸慶太】

 こん身の力で300キロのバーベルを持ち上げた。東京・原宿のジム。「プロレスラーは超人でいないとね。…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです