メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/205 第6章 13=高村薫 多田和博・挿画監修

 合田はとっさに午後四時前という時刻を確認する。浅井隆夫がわざわざ霊園の管理事務所を早退して警大まで来たところから察するに、また忍が何かトラブルを起こしたか。報告では、浅井は動揺した様子で、用件も告げないまますぐに立ち去ったということだ。

 合田さんは浅井と因縁もあるし、うちの若い衆の話では被害者意識が相当強いようですから、ここは様子見されたほうがいい。必要なら、うちの者を行かせますから。長谷川管理官は言い、その場は合田もそうさせていただきますと応じたが、東京メトロの後楽園駅のホームに立ったときには、気持ちが勝手に動いて池袋行きに乗っており、高田馬場から拝島行きの西武新宿線で花小金井駅へ向かっていたのだった。特段何かにこころを決していたわけではなく、野川事件の捜査に手を出すつもりもなかったにもかかわらず、浅井への気持ちを抑えられない自分に、…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文935文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]