メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

自宅の補修 構造理解し正しい手順で

フローリングの傷にシェラック樹脂系の補修材を流し入れる

 <くらしナビ ライフスタイル>

 大勢の人が新しい生活をスタートさせる春。住まいをきれいに整えて、心新たに臨みたい。簡単にできる自宅の補修術を紹介する。

 そろって「年下の面倒見が良い」と周囲にほめられる我が家の長男(9)と次男(6)が、まだ2歳2カ月の長女に対してだけ異様に厳しい。クレヨンや色鉛筆、ペンで床や壁に落書きをしようものなら「ああ、いーけないんだあ!」「駄目だって言ってるでしょ」と集中砲火を浴びせる。

 「君たちの背中を見て育った結果だ」と言いたいのを、ぐっとのみ込む。2年前の初秋、自宅をリフォームした直後に壁紙を豪快にはがしたのは誰か。子ども部屋の床には、いつの間にか消えない黒い傷がついているし……。すべて親のしつけのたまもの、という正論はごもっともだが、とにかくこのままだと家が汚れ、ボロボロになっていくのは明らかだ。

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです