メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

アルマーニ制服で議論 服育「外見より内面」 着こなし豊かな心育む

制服の意義や着方を学ぶ服育の授業。有吉さんは「制服を通じてどんな自分を伝えたいですか?」と問いかけた=広島県廿日市市の平良小学校で26日

 <access>

 東京都中央区立泰明小学校が「『服育』という重要な教育の一環」として高級ブランド・アルマーニ監修の標準服(制服)の導入を決めたことが話題だ。学校側は「銀座の街との一体化」を理由に掲げているが、服育とはそもそも何なのだろう。学びの現場を訪ねた。【中村かさね】

 「同じ服でも着方によって相手に伝わるメッセージは変わるんです。みんなは制服を通して、どんな自分を伝えたいですか?」

 広島県廿日市市立平良小学校で26日、卒業間近の6年生を対象に服育の授業が開かれた。紺色の標準服姿の児童たちの前に、多くが進学する中学校の制服がかけられた。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです