メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

服育にブランド不要 大切なのは「着る心」

 東京都中央区立泰明小学校が「『服育』という重要な教育の一環」として高級ブランド・アルマーニ監修の標準服(制服)の導入を決めたことが話題だ。学校側は「銀座の街との一体化」を理由に掲げているが、服育とはそもそも何なのだろう。学びの現場を訪ねた。【中村かさね】

 「同じ服でも着方によって相手に伝わるメッセージは変わるんです。みんなは制服を通して、どんな自分を伝えたいですか?」

 広島県廿日市市立平良小学校で26日、卒業間近の6年生を対象に服育の授業が開かれた。紺色の標準服姿の…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1228文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]