メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

服育にブランド不要 大切なのは「着る心」

 東京都中央区立泰明小学校が「『服育』という重要な教育の一環」として高級ブランド・アルマーニ監修の標準服(制服)の導入を決めたことが話題だ。学校側は「銀座の街との一体化」を理由に掲げているが、服育とはそもそも何なのだろう。学びの現場を訪ねた。【中村かさね】

 「同じ服でも着方によって相手に伝わるメッセージは変わるんです。みんなは制服を通して、どんな自分を伝えたいですか?」

 広島県廿日市市立平良小学校で26日、卒業間近の6年生を対象に服育の授業が開かれた。紺色の標準服姿の…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1228文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです