メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

ロシア「戦闘5時間中断」に市民ら反発

 【カイロ篠田航一】シリア内戦で民間人の死傷者が急増している首都ダマスカス近郊の反体制派地域・東グータ地区への攻撃に関し、アサド政権を支援するロシアのプーチン大統領は26日、午前9時から午後2時の5時間の「人道的中断」を27日以降実施するよう自国部隊に命じた。民間人の避難のためで、脱出路も設定したという。戦闘は続いており、同地区での死者は18日以降で560人を超えた。

 プーチン大統領の命令はショイグ国防相の発言としてロシアメディアが報じた。AP通信によると、東グータ地区の市民らは戦闘中断について「他の時間は(民間人の)殺害を許可するに等しい」などと激しく反発している。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです