メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井鉄道

大正パワー今季豪雪でも活躍「デキ11」引退へ

除雪装置を付けた「デキ11」=福井市で2018年2月22日午後2時2分、大森治幸撮影

 福井市で戦後3番目の積雪量を記録した今月上旬の大雪で、同市内を走る路面電車の軌道で活躍した1923(大正12)年製の除雪車「デキ11」が来年度以降、引退する。福井鉄道(福井県越前市)への取材で27日、分かった。除雪体制の充実を求める福井県が、買い替え資金を2018年度の当初予算案に盛り込み、同社が新除雪車を購入するためだ。

 デキ11は濃紺色のレトロな装いが特徴の電気機関車で、鉄道ファンから根強い人気がある。今回の大雪では、同社が所有する最古の車両にもかかわらず、軌道を除雪できる唯一の車両として何度も出動し、話題を呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  2. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  3. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです