メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jプロツアー

岡篤志が初Vで開幕戦制す「強さ見せられた」

Jプロツアー開幕戦、表彰式で笑顔を見せる1位の岡篤志(中央)、2位の小野寺玲(左)、3位の窪木一茂(右)=JBCF

宇都宮ブリッツェンがワンツー

 自転車ロードレースの国内最高峰シリーズ、Jプロツアー第1戦「おきなわロードレースDay1」は24日、沖縄県金武町で行われ、岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が1時間12分23秒で優勝した。2位は小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)、3位は窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)。

 自転車ロードレースのシリーズ戦Jプロツアーの2018年シーズンは、初開催となる沖縄県で開幕を迎えた。会場は那覇から車で1時間ほどの距離に位置する金武町の金武ダム周辺の周回コース。1周4.2キロのコースは、1カ所だけ短距離の急坂があるものの、それ以外はゆるやかなアップダウンが繰り返される。

 当日の天気は曇り。沖縄とはいえ朝方は肌寒さを感じるものの、Jプロツアーがスタートした正午前には太陽…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです