桂浜水族館

フンボルトペンギン6羽をミャンマーへ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ミャンマー・ネピドーの動物園へ送られた桂浜水族館のフンボルトペンギン=高知市浦戸で、柴山雄太撮影
ミャンマー・ネピドーの動物園へ送られた桂浜水族館のフンボルトペンギン=高知市浦戸で、柴山雄太撮影

 桂浜水族館(高知市)は26日、南米チリ、ペルーの太平洋岸に生息するフンボルトペンギン6羽を、ミャンマーの首都ネピドーの動物園に送った。

 フンボルトペンギンは環境の変化などで現地で減少し絶滅危惧種になっているが、気候の合う日本では飼育技術の高さもあり繁殖に成功。桂浜水族館にも既に60羽おり、増えすぎ…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

あわせて読みたい

注目の特集