メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結核

入国前検査を強化 外国人患者増加で

 日本に滞在する外国人の結核患者が増加していることから、政府は東南アジアなどからの90日を超える長期滞在者に対し、ビザ申請時に「非罹患(りかん)証明書」を求める方針を決めた。厚生労働省が26日、厚生科学審議会の部会に示した。

     2016年の国内の新規結核患者数は1万7625人。このうち国外で生まれた人は過去最多の1338人(7.6%)を占める。

     出入国管理法は現行の規定でも結核患者の入国を認めていない。しかし、罹患していても自覚症状がないことがあり、検疫で確認するのが難しかった。政府はビザ発給手続きの運用を変更し、指定の医療機関でのX線検査受診と、証明書の提出を求める。

     対象者は、感染拡大のリスクの高い、留学や就労など長期滞在者に限定する。対象国はまず、日本国内で患者数が多いフィリピン、インドネシア、ミャンマー、ネパール、ベトナム、中国の6カ国とする。人口10万人当たりの年間新規患者数(罹患率)が50人以上の約100カ国にも順次広げる方針。実施時期は国ごとに調整する。【熊谷豪】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
    3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
    5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]