メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結核

入国前検査を強化 外国人患者増加で

 日本に滞在する外国人の結核患者が増加していることから、政府は東南アジアなどからの90日を超える長期滞在者に対し、ビザ申請時に「非罹患(りかん)証明書」を求める方針を決めた。厚生労働省が26日、厚生科学審議会の部会に示した。

 2016年の国内の新規結核患者数は1万7625人。このうち国外で生まれた人は過去最多の1338人(7.6%)を占める。

 出入国管理法は現行の規定でも結核患者の入国を認めていない。しかし、罹患していても自覚症状がないこと…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです