高齢ドライバー

4.7万人が認知症のおそれ 検査強化で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 警察庁は26日、75歳以上のドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法が施行された2017年3月から同年末までに、172万5292人が検査を受け、4万6911人が認知症のおそれがある第1分類と判定されたと発表した。

 75歳以上のドライバーは3年に1度の免許更新時などに認知機能検査を受ける必要があり、第1分類のほか第2分類(認知機能低下のおそれ)、第3分類(認知機能低下のおそれな…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

あわせて読みたい

注目の特集