裁量労働制

異常データ、新たに233件 加藤厚労相

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
加藤勝信厚生労働相=川田雅浩撮影
加藤勝信厚生労働相=川田雅浩撮影

 裁量労働制に関する厚生労働省の調査データに異常値が含まれていた問題を巡り、加藤勝信厚労相は26日の衆院予算委員会で、新たに233件の異常値が見つかったと明らかにした。これまでの分を加えると300件を超えた。安倍晋三首相は調査データそのものは撤回しない考えを示したが、調査の信用性は失われつつあり、野党側は、この調査に基づいて作成された働き方改革関連法案を撤回するよう要求した。

 新たな異常値が発見されたのは「2013年度労働時間等総合実態調査」。加藤氏によると、1日の残業時間が「最長でもゼロ」の人で、1週間や1カ月の残業時間がゼロではなかった事例が233件あった。加藤氏は「常識的に考えてあり得ない」と認めた。立憲民主党の長妻昭代表代行の指摘で判明したという。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文841文字)

あわせて読みたい

ニュース特集