平昌五輪

メダリストら帰国会見 選手マイク集

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で平昌五輪をふりかえる小平奈緒(手前)=東京都港区で2018年2月26日、藤井達也撮影
記者会見で平昌五輪をふりかえる小平奈緒(手前)=東京都港区で2018年2月26日、藤井達也撮影

 前日に閉幕した平昌(ピョンチャン)五輪で冬季史上最多の13個のメダル(金4、銀5、銅4)を手にした選手らが26日、東京都内で記者会見した。

 スキージャンプ・葛西紀明(旗手) メダルを取ることができなかったが、8度目の五輪出場という誰しもがなしえない記録を作ることができて、うれしい。旗手をやった僕のおかげでこんなにたくさんのメダリストが生まれたと思う。心から祝福したい。メダルを取った皆さんのパワーを背負って、次の4年後、北京五輪でメダルを取りたい強い気持ちになった。まだ諦めずに頑張っていきたい。

 スピードスケート女子団体追い抜き金・菊池彩花 私はこの五輪はチームジャパンの絆、家族の絆を強く感じた。個人では思うような走りができず苦しかったが、パシュート(団体追い抜き)までに、みんなで金を取ると切り替えて臨んだ。取ることができてうれしく思うし、国民の皆様と喜びを分かち合えたことをうれしく思う。

この記事は有料記事です。

残り2089文字(全文2489文字)

あわせて読みたい

注目の特集