メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『巷(ちまた)の美食家 新装版』開高健・著

縦横無尽で華麗奔放に書き綴られた食の文章

◆『巷(ちまた)の美食家 新装版』開高健・著(ハルキ文庫/税別620円)

 主に1970年代に書かれた飲食エッセーを集め編まれたこの文庫本を、電車中で夢中になってめくっていた。あるくだりにさしかかり、はっとして顔を上げる。これ、ついこないだのこと? と、同じ車両に乗り合わせた見知らぬ誰かに確かめたくなるくらい、古臭くない、古びない話。

「新聞、雑誌、ラジオ、TV、あらゆる媒体で食談が大流行している」「それがいかにゴチソウであるか、おい…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文908文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです