メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『巷(ちまた)の美食家 新装版』開高健・著

縦横無尽で華麗奔放に書き綴られた食の文章

◆『巷(ちまた)の美食家 新装版』開高健・著(ハルキ文庫/税別620円)

 主に1970年代に書かれた飲食エッセーを集め編まれたこの文庫本を、電車中で夢中になってめくっていた。あるくだりにさしかかり、はっとして顔を上げる。これ、ついこないだのこと? と、同じ車両に乗り合わせた見知らぬ誰かに確かめたくなるくらい、古臭くない、古びない話。

「新聞、雑誌、ラジオ、TV、あらゆる媒体で食談が大流行している」「それがいかにゴチソウであるか、おい…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文908文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです