メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

憲法改正国民投票、誰もが納得するルールは 「絶対得票率」が疑問を払拭

与党などの賛成多数で国民投票法が可決、成立した参院本会議。最低投票率の是非についての議論は置き去りのままだ=国会内で2007年5月14日、長谷川直亮撮影

 国民投票にかかれば、憲法改正は意外と簡単? 改憲が認められる条件は「国民投票で過半数の賛成」。投票率が低ければ「過半数」のハードルは当然下がる。投票率40%なら、全有権者の20%強の「賛成」で改憲が実現する。この仕組みのままでいいのだろうか。【小林祥晃】

 いきなり面食らうかもしれないが、次の問題を考えてほしい。

 憲法改正が認められるには、国民投票で「過半数の賛成」を得る必要がある。より民意を反映させようともう一つの条件を加えるとしたら、Aの「最低投票率」、Bの「絶対得票率」のどちらが適当か?

この記事は有料記事です。

残り2417文字(全文2666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  2. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです