メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1は7月4日再開 J2、J3は6月27日 実行委が発表
特集ワイド

憲法改正国民投票、誰もが納得するルールは 「絶対得票率」が疑問を払拭

与党などの賛成多数で国民投票法が可決、成立した参院本会議。最低投票率の是非についての議論は置き去りのままだ=国会内で2007年5月14日、長谷川直亮撮影

 国民投票にかかれば、憲法改正は意外と簡単? 改憲が認められる条件は「国民投票で過半数の賛成」。投票率が低ければ「過半数」のハードルは当然下がる。投票率40%なら、全有権者の20%強の「賛成」で改憲が実現する。この仕組みのままでいいのだろうか。【小林祥晃】

 いきなり面食らうかもしれないが、次の問題を考えてほしい。

 憲法改正が認められるには、国民投票で「過半数の賛成」を得る必要がある。より民意を反映させようともう一つの条件を加えるとしたら、Aの「最低投票率」、Bの「絶対得票率」のどちらが適当か?

この記事は有料記事です。

残り2417文字(全文2666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです