メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東日本大震災7年

災害時も温かいご飯を 自閉症長男と避難生活で考案、火使わぬ備蓄食キット

「味もおいしいと評判です」と話す「かたつむり」の吉田富美子さん(右)=岩手県大船渡市猪川町の作業所で、藤井朋子撮影

 岩手県大船渡市の生活支援員、吉田富美子さん(52)は、東日本大震災で当時19歳だった自閉症の長男(26)と避難所で生活した経験を基に、1~2食分の温かいご飯を手軽に作れる災害備蓄キットを提案し、製品化に結びつけた。発売は震災から7年を迎える3月11日。吉田さんは「災害時でも日常に近い食事ができれば、誰でも気持ちを落ち着かせられ疲労と不安を軽減できるはず」と話している。【藤井朋子】

 あの日、同市内の自宅は津波で流され、長男を連れて高台へ逃げた吉田さんは、体育館の避難所に身を寄せた…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文876文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです