メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

災害時も温かいご飯を 自閉症長男と避難生活で考案、火使わぬ備蓄食キット

「味もおいしいと評判です」と話す「かたつむり」の吉田富美子さん(右)=岩手県大船渡市猪川町の作業所で、藤井朋子撮影

 岩手県大船渡市の生活支援員、吉田富美子さん(52)は、東日本大震災で当時19歳だった自閉症の長男(26)と避難所で生活した経験を基に、1~2食分の温かいご飯を手軽に作れる災害備蓄キットを提案し、製品化に結びつけた。発売は震災から7年を迎える3月11日。吉田さんは「災害時でも日常に近い食事ができれば、誰でも気持ちを落ち着かせられ疲労と不安を軽減できるはず」と話している。【藤井朋子】

 あの日、同市内の自宅は津波で流され、長男を連れて高台へ逃げた吉田さんは、体育館の避難所に身を寄せた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです