メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

難病患う学生の就職活動 社会の理解とサポートを 卒業目前「働きたい」=岡山支局・高橋祐貴

就労移行支援事業を利用し、就職を目指している田中瑞希さん=岡山市北区の就労移行支援事業所「LITALICOワークス岡山」で、高橋祐貴撮影

 難病を患う学生が就職活動で苦戦している。企業に一定割合の雇用が義務付けられている障害者と異なり、難病患者にそうした制度はない。症状が安定していれば、健常者と変わらない人もいるが、理解不足もあって企業には敬遠されやすい。健常者でもなく障害者でもない難病患者の就職をどうサポートすべきなのか。難病を抱えながら就活を続ける女性を取材し、その課題を探った。

この記事は有料記事です。

残り2552文字(全文2727文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです