メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライブ

オオザカレンヂkeisuke 心に添う歌で恩返しを 亡き相棒と迎えた結成10年

10年近く続ける「ロフトライブ」で歌うオオザカレンヂKeisuke=大阪市北区で、菅知美撮影

 大阪に今より活気があった時代、大坂(おおざか)と呼ばれていた頃のような力強さで全国に羽ばたいていきたい--。そんな願いを名前に込めた男性デュオ「オオザカレンヂ」が今年、結成10周年を迎えた。2011年にギターのryo(リョウ)が亡くなり一人になっても、オオザカレンヂkeisuke(ケイスケ)はシンガー・ソングライターとして歌い続けている。

 優しく語りかけるような歌声にひかれて一人、また一人と買い物客が足を止める。今月上旬、大阪・キタの商…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告、接見に「一人で裁判受けたい」 遺族調書は「悪口ベース」 相模原殺傷

  2. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです