メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車いすバスケ

平昌パラアイスホッケー出場、上原選手が小学校で体験会 「健常者も楽しんで」児童ら歓声 東御 /長野

小学生に車いすバスケットボールを教える上原大祐選手(中央)=東御市大日方の市立北御牧小学校で

 来月の平昌パラリンピックに出場するパラアイスホッケーの上原大祐選手(36)=東京アイスバーンズ=が27日、東御市大日方の市立北御牧小学校で車いすバスケットボール体験会を開いた。小学4、5年生の約80人が参加し、夢中になりながらプレーした。【島袋太輔】

 軽井沢町出身の上原選手は2010年のバンクーバー・パラリンピックで銀メダル獲得後、米国に留学。現地でプレーする中で当たり前のように障害者がスポーツをすることに衝撃を受けた。そのことが、引退後の14年、障害者スポーツを普及させるNPO法人「ディーシップスミニ…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです