メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車いすバスケ

平昌パラアイスホッケー出場、上原選手が小学校で体験会 「健常者も楽しんで」児童ら歓声 東御 /長野

小学生に車いすバスケットボールを教える上原大祐選手(中央)=東御市大日方の市立北御牧小学校で

 来月の平昌パラリンピックに出場するパラアイスホッケーの上原大祐選手(36)=東京アイスバーンズ=が27日、東御市大日方の市立北御牧小学校で車いすバスケットボール体験会を開いた。小学4、5年生の約80人が参加し、夢中になりながらプレーした。【島袋太輔】

 軽井沢町出身の上原選手は2010年のバンクーバー・パラリンピックで銀メダル獲得後、米国に留学。現地でプレーする中で当たり前のように障害者がスポーツをすることに衝撃を受けた。そのことが、引退後の14年、障害者スポーツを普及させるNPO法人「ディーシップスミニ…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 訃報 マサ斎藤さん 75歳=プロレスラー
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]