メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物は語る

当時13歳、森脇瑶子さんの遺品 兄「妹の分身 未来へ」 原爆資料館へ制服など寄贈 /広島

森脇瑶子さんが原爆投下当日に着ていた制服。作業前に脱いでいたとみられる=広島市中区で、山田尚弘撮影

 広島への原爆投下の前日まで日記をつづり、建物疎開作業中に死亡した県立広島第一高等女学校(県女、現広島皆実高)1年6組の森脇瑶子さん(当時13歳)が被爆当日に着用していた制服やひしゃげた弁当箱など5種類の遺品を、瑶子さんの兄で被爆者の細川浩史さん(90)=中区=がこのほど原爆資料館(中区)に寄贈した。細川さんは「幼い命が犠牲になるのが戦争の結末。資料館に来る若い世代に、被害を自分の身に置き換えて考えてほしい」と寄贈を決意したという。

 県女の1年生約220人は、1945年8月6日、爆心地から約700メートルの土橋(現中区)付近で建物…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文987文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです