特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

選手紹介/10 明徳義塾・庄野太喜主将/高知・豊田拓真投手 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明徳義塾の庄野太喜主将=高知県須崎市浦ノ内下中山の同校グラウンドで、松原由佳撮影 拡大
明徳義塾の庄野太喜主将=高知県須崎市浦ノ内下中山の同校グラウンドで、松原由佳撮影

 <センバツ2018>

闘争心が原動力 明徳義塾・庄野太喜(たいき)主将(2年)

 自他共に認める負けず嫌い。「どのチームよりも強いチームを作りたい」。その思いが主将の原動力だ。

 秋季大会県予選から主将を務める。中学の卒業文集で、明徳義塾で主将になり、甲子園に出場する目標を書いた。その思いを宣言通り、実現させた。

 「主将は嫌われてなんぼ」と思ったことは口に出す。「チームが勝つためだったら何でもする」と意思は固い。チームメートも「最高の主将」と信頼を寄せる。「センバツの優勝旗だけないので持って帰りたい」

 京都府宇治市立西宇治中出身。167センチ、69キロ。

高知の豊田拓真選手=高知市で、岩間理紀撮影 拡大
高知の豊田拓真選手=高知市で、岩間理紀撮影

攻める気持ちで 高知・豊田拓真投手(2年)

 130キロ前後の直球に織り交ぜるカーブと制球力。新人戦では背番号「1」を担った右腕は「チームに貢献できるピッチングを」と活躍を誓う。

 成長につながったのは中学時代、自身が降板した後に逆転された試合だ。「チームに信頼され、最後まで投げきれる投手になれるように」。この冬は、球速や球のキレを追い求め、「甲子園では支えてくれた両親に感謝の投球を見せることができたら」と前を見つめる。

 グラブに刻んでいる文字は「勝」。「攻める気持ちを常に持っています」

 奈良県橿原市立橿原中出身。177センチ、67キロ。

次に読みたい

あわせて読みたい