メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/1 巨額買収に試練(その1)

ドールのバナナ農園では現地従業員がバナナの房に袋をかぶせる作業を行っていた=フィリピン・ミンダナオ島で、秋本裕子撮影

フィリピン台風、農園被害

 熱帯特有の強い日差しが照りつける中、高さ3~4メートルに育った無数のバナナの木が生い茂り、空に向かって大きな葉を広げている。葉の根元付近からは、青々とした果実の房がたわわに実っている。

 伊藤忠商事子会社のドール・インターナショナル・ホールディングスがフィリピンのミンダナオ島南部、ゼネラルサントスに保有するバナナ農園。現地で雇われた従業員が、はしごに登り、バナナの先についた小さな花を摘んだり、バナナに袋をかぶせたりする作業に汗を流している。

 「一房につくバナナの本数が増え、大きさも立派になって着実に回復している」。伊藤忠からドールに出向し…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1068文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです