特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

外国人と どう共存?

丹野清人氏
丹野清人氏

 少子高齢化で人手不足が深刻な日本。「人材源」として経済界が期待を寄せるのが外国人労働者だ。政府が進める高度技能者や留学生の受け入れに加え、雇用条件の改善や技能実習制度の活用で年々、日本に暮らす外国人は増えている。だが、長期滞在に伴う課題も残る。グローバル化時代に外国人と共存してゆく知恵とは。

日本が選ばれる法整備を 丹野清人・首都大学東京教授

 日本で働く外国人労働者は2017年10月現在で約128万人に上り、前年に比べると約20万人増え、過去最多を更新している。20年の東京五輪・パラリンピックに向けた建設需要が落ち着けば、この伸びは鈍化するだろうが、総数は増え続けるだろう。少子高齢化が加速し、労働市場から退場していく数と新たに入ってくる数の乖離(かいり)が大きい。日本の労働力を確保するために私たちは外国人労働者に依存している。いま考え…

この記事は有料記事です。

残り4239文字(全文4611文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集